他の萌えに関する記事へ はむはむソフト ないしょ思春期バナー
この『鳥羽僧正覚猷』を編集

鳥羽僧正覚猷

とばそうじょうかくゆう

漫画家・芸術家(1053年〜1140年)
平安時代、天台宗の僧侶としてすごし、当時としては非常に長寿であった。
鳥獣戯画(国宝)の作者として広く知られている。
彼は僧侶でありながら芸術に生き、絵画の収集を行うほか自ら筆を取った。彼は女体化された不動明王を描いたり、死後の財産分与を「処分は腕力に依るべし」とするなど偏屈な人物であったことが伺える。

作品

鳥獣戯画(鳥獣人物戯画)

こちらは?

注目の10件

 nolink

3.2.5443(3)

?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=normal.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=sakura.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=tea.gif

この『鳥羽僧正覚猷』を編集

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 索引 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終改訂: 2005/Oct/14 Fri 01:07:43 JST (4387d)