他の萌えに関する記事へ はむはむソフト ないしょ思春期バナー
この『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』を編集

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊

ごーすといんざしぇる/こうかくきどうたい

映画
原作:士郎正宗
監督:押井守
脚本:伊藤和典
制作:プロダクションI.G

1995年に公開されたアニメ映画。
脳とネットを直接結ぶことの出来る「電脳」が発明された日本での話。
特殊カウンターテロ部隊・攻殻機動隊草薙素子を中心に描かれている。
また、この作品は「イノセンス」へと話が続いている。

ストーリー

2029年。電脳の普及に伴い犯罪はさらに悪質化していた。
それをなくすための秘密部隊が公安9課である。
ある日、公安9課は奇妙な事件と遭遇する。
それは、正体不明のハッカー「人形使い」を捕まえるものなのだが、
捜査を続けるほどに、次々と現れる黒幕たち。
果たして、本当の犯人は誰なのか?
また、草薙素子はその捜査の中で自分のゴーストの存在が不確かのものだと気づく。
素子は自分のゴーストを実感できるのか?

説明

士郎正宗の原作「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」を伊藤和典が独自の視点で脚色。
緻密な構成、展開の速さ、大胆なアクションと観客の度肝を抜いた。
特に、アメリカの反響はすさまじく、公開翌年のセルビデオチャート3週連続1位に輝いたこともある。
また、ウォシャウスキー兄弟がこの作品を見て「この実写版の映画を作る」と宣言したあと、
「マトリックス」を制作したことでも有名。
主な作品のテーマは、「ネット社会への批判」なのだが、
その裏に隠されているのは「人間の種の保存」である。
この作品を通して、自分がいかに不安定の存在かを考えて欲しい。

この題名の意味なのだがghost=、shell=身体、を暗示している。

こちらは?

注目の10件

 nolink

1.2.1989(2)

?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=normal.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=sakura.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=tea.gif

この『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』を編集

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 索引 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終改訂: 2005/Oct/14 Fri 01:06:26 JST (4305d)