他の萌えに関する記事へ はむはむソフト ないしょ思春期バナー
この『イノセンス』を編集

イノセンス

いのせんす(innocence)

映画
原作:士郎正宗
監督:押井守
制作:プロダクションI.G
制作協力:スタジオジブリ

1995年に公開された「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊?」の続編。
科学技術が発達した近未来でのストーリー。
公安九課(攻殻機動隊)のバトーが主人公。

ストーリー

2032年の日本。草薙素子の失踪からすでに3年が経過していた。
バトーはそんなことに気をとられている暇もなく、ある事件に悩まされる
それは、少女型の愛玩用ロボットが突然暴走し、所有者を殺害するというものだった。
バトーは徐々に核心に近くが、そこで一つの疑問に・・・。
「人はなぜ、自分の似姿を造ろうとするのか」

説明

押井守が前作から8年かけた大作。
原作からはかなりの改良がされ、監督の世界観が表れた作品になった。
台詞の中には仏教やキリスト教、哲学までも盛り込み、メッセージ性の強いものになっている。
また、フルCGで構成されてとてもきれいな映像表現は日本アニメならではである。

こちらは?

注目の10件

 nolink

1.2.3476(2)

?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=normal.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=sakura.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=tea.gif

この『イノセンス』を編集

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 索引 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終改訂: 2005/Oct/14 Fri 01:07:03 JST (4364d)