他の萌えに関する記事へ はむはむソフト ないしょ思春期バナー
この『鋼の錬金術師』を編集

鋼の錬金術師

はがねのれんきんじゅつし

漫画
作者:荒川 弘?(あらかわ ひろむ)
出版:スクエア・エニックス(旧エニックス)
価格:410円(税込み)
コミックスが八巻まで発売中(以降続刊)
月刊少年ガンガン?に連載中

TVアニメーション
TBS系にて放映

ストーリー

錬金術。それは、等価交換の法則にのっとり、物質を理解し、分解、再構築(練成)する事が出来る奇跡の技。錬金術での人体の練成は禁忌とされるが、死んでしまった母親を蘇らせようとエドワード・エルリック(以下エドと表記)とエドの弟アルフォンス・エルリック(以降アルと表記)は練成を試みる。等価交換としてエドは左足、アルは全身を持っていかれたが、練成した母親は人の形をすらしていなかった。

全身を持っていかれることを意味するのはであり、エドはアルの魂を練成することにより助けようと、己の右手を等価交換の等価として差し出し、アルの魂を鎧に定着することに成功する。
二人は失ったものを取り戻す為に錬金術の基本である等価交換の法則を無視する事の出来る特殊な存在『賢者の石』を探し求める。『賢者の石』に近づく為にエドは民衆から軍の犬と忌み嫌われる国家錬金術師となる。

語句補足

題名である鋼の錬金術師は国家錬金術師に与えられる「二つ名(呼び名)」から由来しており、「鋼」はエドの二つ名にあたる。作品中、等価交換の法則は「質量1のモノからは1のモノしか得られない」と定義されており、「人は何かの犠牲無しに何も獲る事は出来ない」という作品中の一貫としたテーマをさしている。
エドは右手・左足を失って機械鎧(オートメイル)と呼ばれる義手・義足をしている。彼が二つ名を「鋼」と呼ばれるのはオートメイルが鋼でできている為である。

補足説明

いずれのキャラクターも個性がはっきりとし、「人は何かの犠牲無しに何も獲る事は出来ない」というテーマが少年・少女の心を掴んだ作品。若い女性に熱心なファンが多く、コミックマーケットでは多くの二次創作物が出版された。その影響を受けた少女達がコミックマーケット女性来場者の年齢を低下させたとも言われる。低年齢化の原因はこれのみに限らないが、この作品に影響されて同人活動に手を出したものは少なくないはずである。

主人公エドと同じ国家錬金術師が他にも登場し作品中で活躍して人気を集める。主だったものでは「焔の錬金術師」ロイ・マスタング、「豪腕の錬金術師」アレックス・ルイ・アームストロングなど。(かぎ括弧中はそれそれの二つ名)主人公たちではなくこれらのキャラクターの熱心なファンも現われた。

アニメ版は途中まで原作をたどるが、中盤以降は全くの別の展開をむかえる。作品中のテーマは共通するも、アニメ・漫画は別の結末である。そのためTVアニメーションに否定的な意見も少数ではあるが存在する。誌面連載を続けた状態で漫画・アニメーションを忠実に相互させるのは困難であるのは分かりきった事であったので漫画・アニメの二つの意見が衝突し派閥を作る事は無かった。

こちらは?

注目の10件

 nolink

1.0.6183(2)

?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=normal.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=sakura.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=tea.gif

この『鋼の錬金術師』を編集

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 索引 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終改訂: 2010/Jun/03 Thu 17:14:33 JST (3056d)