他の萌えに関する記事へ はむはむソフト ないしょ思春期バナー
この『ブルマー』を編集

ブルマー

ぶるまー

概要

学校体育で使用する体操着の一種、スポーツ用パンツ。スクールショーツとも。
主に小学校、中学校、高校の女子の学校指定用品だった。

女性が運動などを行う際に下半身に着用する衣類の一種で、ブルマあるいはブルーマ、ブルーマーとも呼ぶ。20世紀に世界的に広く普及した。

女子バレーボールの選手が試合や練習で穿くユニフォームパンツもあり、用途に応じてバレーブルマー、バレーショーツと呼ぶこともある。
チアリーダーが穿くコスチュームパンツとして用いられる。

1990年代、ブルマーに卑猥なイメージが伴い急激に採用校が減少した歴史がある。採用校の現象については後述する。

起源

約1850年にミラー婦人(Elizabeth Smith Miller)によって考案された衣類。原型はトルコのハレムパンツ。
アメリカの女性解放運動家のブルーマー婦人(Ameria Jenks Bloomer)が女性解放のシンボルとして普及させた。当時の女性の下着はコルセットで非常に窮屈であった為、ブルマーの登場は女性にとってまさに衣類の女性解放であった。

日本における歴史

日本に伝えられたのは明治時代後期。この日本におけるブルマーの初期では現在知られるようなショーツ型のものではなく「ちょうちんブルマー」とよばれるものだった。

太平洋戦争などの戦時中に有事演習の一環で水泳訓練を行っていた女学校もあり、当時の女子生徒の体育の服装は、膝上10センチほどの濃紺のちょうちんブルマーに白の開襟シャツ、運動足袋、ハチマキの格好であった。水泳でも膝上10センチほどの濃紺のちょうちんブルマーに白の開襟シャツ、運動足袋。頭にハチマキまたは白の手ぬぐいをして水中に潜って泳いでいた例もある。

その後東京オリンピックで、現在日本で知られているショーツ型のブルマーをユニフォームとして採用したアメリカのバレーボールチームが、全国のテレビに放映され国民に衝撃を与えた。
当時の日本人の目にアメリカ人選手が穿いていたブルマーは非常に斬新で、動きやすく、格好の良いものに映ったのである。

それ以降、日本でショーツ型のブルマーが学校で採用され始めたのである。

学校指定用品としての歴史

前述の通り当初ブルマーは女性にとって憧れであり女子

こちらは?

注目の10件

 nolink

1.0.16849(2)

?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=normal.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=sakura.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=tea.gif

この『ブルマー』を編集

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 索引 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終改訂: 2015/Dec/07 Mon 19:00:27 JST (657d)