他の萌えに関する記事へ はむはむソフト ないしょ思春期バナー
この『ひぐらしのなく頃に』を編集

ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなくころに

『ひぐらしのなく頃』には、同人サークルである07th Expansionが発表した同人ゲームで、サウンドノベル。

原画・シナリオはサークル代表の竜騎士07で、悲劇的な内容が話題となった。
(タイトルの正しい表記は「ひぐらしのく頃に」で6文字目『な』が赤である。)

作品の展開

初出は2002年の8月。コミックマーケット62で発売された。

その後のコミックマーケット63・64・66で続編を発表。計4作品がひとつのシリーズとしてまとまっている(ただしこのシリーズの続編『ひぐらしのなく頃に解』、『ひぐらしのなく頃に礼』が存在している)。

その他のメディアへの展開

2004年に漫画雑誌4誌で漫画連載が始まり、同年12月に単行本が発売。
2005年にドラマCDが発売。
さらに、2006年の春には、アニメ化されTV放映された。

アニメ

2006年4月から9月まで放映。
キャラクターデザインは坂井久太がつとめ、アニメーション制作はスタジオディーン。今千秋を監督とした。

オープニングテーマ
ひぐらしのなく頃に
歌:島みやえい子
作詞:島みやえい子
作曲:中澤伴行
編曲:中澤伴行・高瀬一矢
エンディングテーマ
why, or why not
歌:片霧烈火
作詞:interface
作曲・編曲:大嶋啓之

ストーリー

前原圭一(まえはらけいいち)は美術家の父に連れられ家族で雛見沢(ひなみさわ)に引っ越してきた。雛見沢の学校でできた心から笑い会える親友レナ、魅音、沙都子、梨花(れな、みおん、さとこ、りか)との楽しい毎日の生活、前原圭一は少しずつ新しい生活にも慣れてくる。そんな中、少しずづ知ってしまう雛見沢の暗い過去と恐ろしい伝説。偶然なのか必然なのか前原圭一は親友達との小さな小さなすれ違いからその過去と伝説にゆっくりと確実に巻き込まれていく・・・。<以降各編によって分岐>

  • 鬼隠し編
    本作品の一作目。全ての導入・基本に当たる話。平穏な生活と、非現実的な生活の二面性を持った世界観で綴られる。
  • 綿流し編
    一作目を別の視点・分岐で観た話。雛見沢の伝説について詳しく触れることとなる。人間を多面的に観る。
  • 祟殺し編
    一作目・二作目をさらに別の視点から観た話。雛見沢の伝説にある祟りの本質に触れることになる。親友との人間関係を中心に描く。
  • 暇潰し編
    一作目・二作目・三作目を全く別の立場から見た話。「謎をあなたに託します。」とOPに書き添えられており、オマケとしての扱いに近い。

ゲームシステム

通常のサウンドノベルとは違い選択肢の類は一切ない。マルチエンディングの概念もなく、話ははじめから最後まで一本の道しか存在しない。しかしこの話は『***編』といった形で複数用意されている。それは、


『あなたは小まめなセーブ&ロードから解放され、フラグのオンオフ、現在のルートが誤りであるか否かを心配することなく物語の顛末の最後の最後までゆっくりと楽しむことができます。ですが、本作品はただの小説ではなく、やはりゲームです。あなたは各シナリオごとに、物語中に残された謎を心ゆくまで吟味することができます。』(公式HPより)

とあるように、物語自体を楽しめるように配慮されているからである。

TV出演

NHKの番組で家族ぐるみで作る同人ゲームとして、本作品と07th Expansionが取り上げられた。

続編

関連

竜騎士07
07th Expansion

こちらは?

注目の10件

 nolink

1.0.13477(5)

?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=normal.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=sakura.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=tea.gif

この『ひぐらしのなく頃に』を編集

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 索引 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終改訂: 2007/Jan/05 Fri 14:58:31 JST (3827d)