他の萌えに関する記事へ はむはむソフト ないしょ思春期バナー

萌えフォビア の変更点


 もえふぉびあ
 
 萌えフォビアとは、「萌え」に対して抱かれるきわめて強い嫌悪感の事である。
 2001年9月16日に東京の池袋で開催されたシンポジウム「網状言論F 〜ポスト・エヴァンゲリオンの時代〜」にて、伊藤剛が発表した造語である。
 
 萌えフォビアには二つの意味が含まれており、下記がある。
 + オタク第一世代(1960年前後生まれの世代)による、萌えを感じている自己からの逃避、みっともないとしてシニカルな態度を取ること
 + 一般人(非オタク)による、キャラクターによる性的な表現に対する感情的な嫌悪
 
 *現実の萌えフォビアの例 [#u2b78a3c]
 現実で展開された、具体的な萌えフォビアによる言論には、大谷昭宏が幼女殺人事件を論じる際に使用した「フィギュア萌え族」や、東海林のり子がワイドショーの取材で、コミケ会場を背景に「ここに10万人の宮勤容疑者がいます!」と発言したものなどがある。
 現実で展開された、具体的な萌えフォビアによる言論には、大谷昭宏が幼女殺人事件を論じる際に使用した「フィギュア萌え族」(%%や、東海林のり子がワイドショーの取材で、コミケ会場を背景に「ここに10万人の宮勤容疑者がいます!」と発言したもの%%&color(red,white){←これはデマです};)などがある。
 
 これらの発言は論理的で無く、本人の主観・感情がその核になっている点で、単なるオタクに対する批評ではなく、萌えフォビアによる言論とする事が出来る。
 逆に、本人の主観・感情によらないオタクに対する批判は、萌えフォビアでは無い点に注意が必要である。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 索引 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS