他の萌えに関する記事へ はむはむソフト ないしょ思春期バナー
この『人狼 JIN-ROH』を編集

人狼 JIN-ROH

じんろう

映画

原作・脚本:押井守

演出:神山健治

制作:プロダクションI.G

敗戦から十数年たった日本。

架空の戦後史を巧みに描写し、男と女の運命を日本のアニメーション技術で美しく綴った。

ストーリー

日本では、新たな政策に対して不満を抱いた人々が、集まり反政府派を形成していった。

この反政府派は、武力衝突で政府を脅していた。

政府はこれを鎮圧するため、「首都警」を編成する。

この部隊では、全員防弾された服を着せられ、最新型の銃も使用していた。

そのため、反政府派を鎮圧するのはとても容易なことになっていた。

「首都警」の一員、伏一貴は暴動鎮圧のため出動すると、

女の子がの目の前で自爆する。

に怪我はなかったが、そのあまりにも無意味な死に伏は同情をしていた。

そんなある日、その女の子の姉だという女性が現れる。

その時から、二人は残酷な真実への扉へ一歩ずつ近づいていくのだった。

そして、その扉を開けた先にある絶望とは・・・。

説明

内容は、展開が二転、三転して結末までどうなるか分からないようになっている。

神山健治が演出、押井守が原作・脚本をしているという

なかなか見られない組み合わせが注目された。

リンク

プロダクションI.Gの紹介ページ

こちらは?

注目の10件

 nolink

1.0.2925(5)

?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=normal.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=sakura.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=tea.gif

この『人狼 JIN-ROH』を編集

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 索引 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終改訂: 2005/Oct/14 Fri 01:07:39 JST (4244d)